みつわスタッフによる栽培日記

HOME >  栽培日記

鳥よけに、防鳥ネット!

野菜苗 > キュウリ

いよいよ防鳥の準備です。そらまめが収穫期を迎えています。

そらまめの畑に防鳥ネットをかける.jpg
トンネルの高さが高いせいもあって下までは隠れませんが防風&防鳥でいい感じです。値段も普通のグリーンのネットより割安なのもいいですね。
2m×50m 4980円税込

じゃがいも畑.jpg
じゃがいもももうすぐ収穫時期を迎えそうです。花がいっぱい咲いてます。

しっかりとした茎のトマト苗.jpg
トマトもがっちりとした茎になりました。トマトトーンスプレーで実成りを大きくさせたいと思います。

                                  山本T
トマトの苗が十分に成長しました!

野菜苗 > トマト

2009年5月26日

トマトの苗が十分に成長しましたので、風除けの袋を取り除きました。
トマト苗の風除けの袋を取り除いた.jpg

わき芽も取り除き、整枝していきます。
もう少ししたら摘芯しなくてはなりませんが、今回は支柱に茎を固定するだけにしました。
わき芽も取り除いたトマト苗.jpg
トマト苗の茎を支柱に固定する.jpg

花が咲くころにはトマトトーンなどを用意しなくてはなりませんね。

ナス苗は少し成長が遅れているようなので、袋はそのままにしました。

今回は以上です。
来週にはナスの支柱作りもしなくてはいけませんね。

また、以前使用していたさやえんどうのプランターが空きましたので、こちらにはゴーヤを植える予定です。みつわスタイルで販売中の「緑のカーテン」という商品と組み合わせて、ゴーヤのカーテンを作ってみようと思います。

それでは、次回をお楽しみに。
                                  奥出
支柱を立てました

野菜苗

週末、トマト、なす、きゅうりの支柱をたてました。

トマトの支柱セット取付け_2.jpg
トマトは2列ありまして、大き目のアーチを作りました。

支柱のジョイント部分の拡大図.jpg アーチの山型部分と足の部分はジョイント式で横棒と屋台骨の支柱で棚を作りました。





まだ途中ですがもうちょっと大きくなったら防鳥のネットを掛ける予定です。
かなりおおきいので中の通路も歩けます。

トマトの支柱セット取付け_1.jpgきゅうりの支柱セット取付け.jpg次は、きゅうり支柱セットです。組み立て簡単です。

そろそろきゅうりの病気のことも気になりますので、薬剤の散布の準備ですね。

                                  山本T
ジャガイモの花が咲きました!

野菜苗

ジャガイモは、日に日に大きくなります。芽かきも何回もしてますが、次々に芽が出てきます。芋が地上に顔を出さないように土を掛けました。
花も付きだし、順調です。
ジャガイモの花.jpg

トマトもご覧のとおりビニールから飛び出して成長してきました。芽かきをこまめにしないと一気に伸びてきます。
成長しているトマト苗.jpg

プランター栽培の様子です。菜園プランターの底に大きめのプランターで水を貯め、水枯れを防ぐやり方の実験をしてます。見事に成長していますね。
プランターで水耕栽培.jpg


次回はきゅうり、トマトの棚作りを行います。

                                  山本T
2009年プランター編第2回

プランター

2009年5月12日  曇り

本日、風が強く苗が気になったので風除けを作ろうということになりました。
支柱は去年使用したものがあるので、それを用意し、前回の野菜名人の袋をかぶせようと準備していましたが、前回もアドバイスをもらった従業員に、「日が当たらないから透明な袋のほうがいい」と指摘され、「全くその通り!」ということで急遽別の袋を探して利用することにしました。

まずは現在の苗の状況です。
トマト苗_1.jpgトマト苗はけっこう育ってきています。
店舗のトマト苗にはやや遅れをとっていますが、そのうち花も咲くでしょう。

ナス苗.jpgナス苗もそれなりに育っていますが、やはりちょっと遅めなようです。












まだ追肥は必要ないとのことなので、このまま風除けだけをつけることにしました。

トマト支柱.jpg去年の支柱がちょっと足りなかったので、トマト苗には新兵器のサポート支柱を使用することにしました。
これは180cmの支柱3本とジョイントが9本付いているもので、三角にして囲うもよし、横に並べてハシゴ状にするもよしの優れたものです。

トマト苗+支柱_1.jpgさっそく挿してみました。
トマト苗+フード.jpgさらに透明の袋をかぶせます。

ナス苗+フード.jpgナス苗は2本あるので、その周りを囲うように支柱を4本立て、周りを袋で囲います。
これで完成です。










ある程度の風ならこれで防ぐことが出来るようになりました。
しっかりした苗が出来るまでこのままにすることにします。

といったところで2009年第2回はここまでです。
                                奥出
トマト苗の育て方のポイント 野菜苗

野菜苗

みつわ各店にて従業員がプランター栽培に挑戦しています。
使用する品種は、みつわオリジナルバイオトマト苗、華シリーズの華クイーン、華キュート、華ホーム、華ロマン、華スイートの5種類です。

本日、経過を見るために各店を巡回してきました。
各店とも成長に多少のばらつきはありますが、順調に育っているようです。
中には、花をつけている苗もありました。
植付けてから20日程度が経過したトマト苗だそうです。
トマト苗と花.jpg


この苗の担当者に育てる時のコツを聞いてみましたのでご紹介します。

①水は苗の周辺にまく程度でよい
これは、プランター編でも言われていますが、プランターいっぱいに水をあげすぎると逆に根腐れを起こしてしまうので、軽くまく程度でよいとのことです。

②土を作る時に、オルトラン粒剤(虫防除剤)を混ぜる
土の養分に寄ってくる虫を防ぐ効果があるようですね。

③ナメクジ防除剤(固形)を土上に1個置く
ナメクジはオルトランを撒いてもやってくるらしいので、その対応だそうです。

④花が咲き始めたら、茎と枝の間から出てきた脇芽を間引きをする
脇芽を間引きをするとは、枝がY字になっているところにちょっと生えている芽を摘むことらしいです。
間引きをすると残した枝葉に栄養が行き渡りやすくなるそうです。

⑤追肥は1週間~10日に一回の割合でやる
もともとトマト苗は追肥があまり必要ないらしいのですが、より長く収穫できるよう延命措置として追肥を行ったほうが良いとのことです。


雨・風に弱いので、今後の天候を見ながら雨・風除けシートを取り付ける等、対策はしっかりとしたほうが良いとのことです。
また、支柱を立てるポイントですが、苗がしっかりと育ち始めたら風除けシートなどを除去し、苗の10cmくらい横に地中深くまでしっかりと刺します。
収穫時には180cmくらいまで苗が伸びるそうなので、支柱は長めの物を用意するといいようですね。

このまま、順調に育って行くと、6月中には、実の付いた苗が見れそうとのことです。

各店のトマト苗の状況はこれから随時ご報告していきたいと思います。
ご期待下さい。


                                スタッフ 山本H
今年もやってまいりました!!

プランター

2009年5月5日 晴れ

今年もプランター菜園を始めることになりました。
去年もまったく同じ日にプランター菜園を始め、それなりの収穫が出来ました。
今年はそれ以上の収穫を目指したいと思います。

今年植えるのは以下の2種類です。
・自根トマト苗「キュートベリーミニトマト」
・接木ナス苗「味むらさき」

どちらも形に特徴があります。
トマトはハート型になるフルーツトマトで、味も形も珍しいものです。
ナスは明るい紫色の長ナスで、見た目にはナスとは思えない形をしています。
写真のような形になるのか実験的に栽培してみようと思います。

さて、去年は6品種植えましたが、今年はプランターに余裕を持たせ、収穫率をアップさせるつもりです。
ですので、写真のように、大きなプランターには「味むらさき」を2本、もう片方には、「キュートベリーミニトマト」を1本のみ植えます。
今後品種を増やす予定ですが、今のところこの2品種で始めたいと思います。

まず、プランターと土「野菜名人40L」、そして苗を用意します。
その1.jpg

プランターに土を入れますが、40Lでは足りませんでしたので、2袋、合計80Lの土を使用します。
その2.jpg去年はこれに肥料を混ぜましたが、野菜名人にはあらかじめ養分が入っていますので、今回は土のみをプランターに入れていきます。
今後必要なら追肥をするとしましょう。


苗を植えたところです。
伸び伸びと育って欲しいものですね。
その3.jpgその4.jpg

水をやります。
その5.jpg
よく、プランターの下から水が染み出るくらい水をやると聞きますが、本来はまずポットに入れたまま水をよくやり、植えたら軽く水をまく程度でいいと育成に詳しい従業員に教えてもらいました。
今回はそのアドバイスに従い、軽く水をやる程度にします。
確かにプランターいっぱいに水をまくと、やりすぎなのかもしれませんね。


というところで、日のあたる場所にプランターを設置して栽培日記2009年プランター編第1回は終了とします。
その6.jpg
今後の予定としては、支柱設置と風よけの作成となります。
これから栽培日記で随時育成状況をお知らせしていきますので、どうぞお楽しみに。
                                奥出
すくすく育っています!野菜苗

野菜苗

先週末の嵐のような雨風でみなさんの野菜苗はいかがでしょうか?
植えてから放置?されていたジャガイモの報告です。このように勢い良く芽がでて伸びてきてます。ジャガイモは素晴らしい。手がかからないです。
しかし、これからは他に植えた作物同様、お世話していきますね。

じゃがいも苗.jpg

じゃがいも畑.jpg

今年、わたしが購入した苗は大玉トマトの代表格、接ぎ木、自根の米寿トマト、料理向きのトマト シシリアンルージュ、桃太郎、そしてオリジナルバイオ苗の華クイーンです。
なす、胡瓜、ピーマンはもちろん、昨年たいへん美味しかった種なしスイカのサンバも植えこんでます。
先週末の雨、風、寒さにも見事乗り越え、すくすく育っています。やっぱり、風除け、寒さ対策はこの時期必須ですね。

すいか苗.jpg

あと、お店のほうでも、プランター栽培に挑戦!ということで各店の担当者による栽培も実行中です。随時報告します。

                                  山本T
今年もはじまりはジャガイモ。

野菜苗 > じゃがいも

2009年、今年も栽培日記始まります。昨年は素人作業で進んでいき、お見苦しい写真をアップしてしまいましたが、今年で家庭菜園2年生。2年生なりにがんばりますので、どうぞよろしくお願いします。
さっそくですが、本日は3月19日。快晴です。きのうから最高気温20度を超える陽気ですっかり春です。
で、やはり家庭菜園のはじまりはやっぱりジャガイモですよね。やわらかくおいしいキタアカリ4kgと男爵2kgでいきます。

種じゃがいも.jpgちょっと多い気がするので、ぜいたくに真っ二つに切っていきます。じゃがいもにはへそみたいのがあってそこを境に切るといいと教えてもらい、そのように切ってみました。大きすぎるのはさすがに更に2つに切り分けて準備完了。1日切り口を乾燥するとよいそうです
                       が、時間の関係で即植えました。
スコップの長さで植付けの幅を決める.jpg今年はスコップの長さを基準に植え付けの幅をきめてこのように化成肥料と交互に植えました。
土をかけてそのうえにもみ殻をかけた。.jpg土をかけてそのうえにもみ殻をかけました。
昨年は石灰を撒きましたが、じゃがいもは石灰は要らないそうで、酸性土壌でも十分育つそうです。なんでも石灰を撒けばいいもんでもないんですね。
じゃがいも植え付け終了です。

                            スタッフ 山本T
もう一つのプランター

プランター

ようやくシシトウが終わりまして、空いたプランターにほうれん草を植える作業をしました。
まずはシシトウの掘り起しから。
全て葉を落とし、この状態にしました。
プランター作業前.jpg隣はキュウリの苗です。
根がびっしりと生えていますので、茎を持って引っこ抜きます
プランターに赤玉土を敷く.jpg今回は赤玉土があったので、プランターの底辺に敷いてみました。
プランターに肥料を入れる.jpgその上からおなじみ野菜名人の土を入れます。
穴をあけて種を蒔く.jpgそこに指で等間隔に穴をあけ、種を3粒ずつ入れてみました。
土をかぶせ、水をかけて作業は終了です。




収穫までは約30日とのことですが、気温によって変化するため、これから寒くなるようならもう少し収穫までに日数がかかります。
もしかしたら水菜と収穫が同じになるかもしれませんね。

プランター編第21回はここまで。
水菜とさやえんどうもあるのでこれから忙しくなりそうです。
                                
                                 スタッフ 奥出
<< 1 2 3 4 5 6 >>